行動規範 - PHP Conference Japan

行動規範

はじめに

PHPカンファレンス(以下,PHPCon)は,さまざまな地域やコミュニティから集まったPHPユーザによって開かれる,「PHPをつかったソフトウェアやアイデアについて,情報交換や交流をおこなうカンファレンス」を目指しています。PHPConの開催を通じて,多くのPHPユーザがPHPにまつわるさまざまな分野の知識や情報の交換し,新たな友人やコミニィティとのつながり,趣味やビジネスチャンスを生み増やすことが目標です。 普段の生活では会わないユーザ同士でも,互いに敬意を払いながら楽しい時間を過ごすには,性別や人種,宗教などの多様な背景を持つユーザが参加していることを常に意識して行動することが大切です。そのためにPHPCon主催者(以下,主催者)は,意図せずそういった配慮の行き届かない発言や行為をしてしまうことを防ぐための規定「行動規範(Code of conduct(以下,CoC)」を定めました。主催者は,すべての参加者(発表者や聴講者,スポンサーの皆様、運営スタッフ)にCoCを守っていただくことをお願いしており,その場にそぐわない発言や行為,またそれらを元にした問題を未然に防ぐための手助けを行います。


本文

さまざまな背景を持つユーザが参加する技術的なカンファレンスにおいて,そこで交わされるすべてのコミュニケーションは,技術的な発表と交流の場に相応しいものであって欲しいと願います。すべての参加者は,主催者より次に示すような「迷惑行為(ハラスメント)」を止めるように指示された際には,すぐに従わなければなりません。

・他の参加者に対するナンパ行為 (容姿に関する発言,恋愛・性的興味を目的とした発言) を行うこと

・ジェンダーや障がい,容姿,年齢,人種,国籍,民族,宗教,政治的な主義主張,個人的な趣味趣向について,発言を受けた当人が不快に感じる言動,またはあらゆる差別を助長する言動を行うこと

・公共の場に不適切な(性的な,あるいは暴力的な)画像,映像を見せびらかすこと

・他の参加者に対して故意の有る無しを問わず,威嚇やつきまとい(ストーキング),本人が不快と感じる画像撮影や録音録画を行うこと

・カンファレンスの発表やスポンサーのコマーシャル,その他のイベントを妨害すること

主催者は,この行動規範の趣旨に反して迷惑行為を行う参加者に対して,注意や警告を行います。注意や警告に従わずに当該行為を続けた場合や,明らかな迷惑行為であると判断できる場合には,発表の中止やカンファレンス会場からの退場の指示等を主催者の裁量で行います。すべての参加者には,これら主催者の注意や警告、指示に即時かつ無条件に従ってもらえることを期待します。


運用方法

PHPConにおいて,この行動規範は以下の通り運用します。また必要に応じて,新たなプロセスを設ける可能性が有ります。

・オンライン(Webフォーム)で設けます。

・迷惑行為の事例が報告された場合には,主催者は同様の行為が繰り返して発生しないように努力し,必要に応じて注意や警告を行います。

・PHPConのスポンサーに対して,この行動規範への準拠に同意する旨を確認します。また,Web広告やCMといった上映コンテンツに,主催者による事前のチェックを行い,実際に行動規範に準拠するものかを確認をします。そして必要な場合は,修正を依頼します。

・すべての発表者に対し,発表応募の際にこの行動規範への準拠に同意する旨を確認します。また,発表資料についても、法律(特に著作権)や行動規範に準拠することに同意する旨を確認します。主催者による事前のチェックで、必要な場合は修正を依頼します。


会期中の報告窓口

自分や他の人がハラスメントを受けている場合や行動規範違反を報告する場合は,以下のフォームへご連絡ください。
PHPカンファレンス2020行動規範違反報告フォーム

メールでの報告も可能です。
kashioka(アットマークに置き換えてください)php.gr.jp


参加者ガイドライン

すべての参加者,そしてあなた自身も,安心してPHPCon を楽しめるよう, 行動規範の理念を元にしたガイドラインも設けました。オンライン開催という特性上、意図しているか否かにかかわらず自身の行動が迷惑行為と捉えられてしまう恐れや、ちょっとしたコメントが注目されて大きく取り上げられてしまう恐れがあります。この「参加者ガイドライン」を確認・遵守することで、トラブル無くカンファレンスを楽しんでいただけることを望みます。

敬意・理解・思いやり

・聴講者,発表者,スポンサー,その他イベントで関わるすべての人やモノに対して,敬意を持って接してください。

・イベントで接するさまざまな人やモノに対して,それぞれが個別の背景や事情を持っていることを理解しようと努めてください。

・イベントで接する相手に対して思いやりと敬意をもち,自身の行動を相手に合わせるようなコミュニケーションをお願いします。

注意深い行動・法令遵守

・些細な,または悪意がない発言や行動であっても,発信する前に迷惑行為と誤解される可能性がないか,注意してください。小さな言動でもすべて記録に残り,それが注目されて拡散される可能性があります。

・あなたの表示名・アイコン/アバター・背景に映るモノも、オンラインで配信される可能性があり、あなたに使用責任が伴います。日本の法令を遵守(特に著作権関係)しているか,PHPConの行動規範を遵守しているか,いまいちど注意を払ってください。また,登壇者は,発表資料のなかにこれらに抵触するものがないか,確かめてください。

冷静さと忍耐

・相手から自身が不快に感じる言動を受けることや、情報のあいまいさ・レスポンスの悪さ・相手にうまく伝わらない等のさまざまなストレスに直面することがあるかと思います。しかし,参加者全員が,常に完璧な行動ができるわけではないことに,理解と留意をお願いします。

・不快さ・ストレスを感じても,感情に任せて反射的に行動するのではなく,少し間を取って落ち着くことを心がけ,忍耐深く,常に冷静でいるようお願いします。


この文章のライセンスと帰属に関して

PHPカンファレンス 行動規範のテキスト部分は,「Creative Commons Zero license」のもとに公開します。パブリック・ドメインなどと同様に,派生して作られた行動規範に一切のクレジット表示やオープンライセンスなどを要求しません。

この文章の起草に当たっては,「ScalaMatsuri 2019」,および「PyCon JP 2020 (https://pycon.jp/2020/)」の行動規範から影響を受けています。