PHP Conference Japan 2019
beyond .*

@ PiO Plaza Industry Ota

お知らせ

News
2019-10-15
参加申込の受付を開始しました。Press Release.
2019-09-14
当日スタッフ応募をはじめました
2019-09-03
ウェブサイト公開しました

参加申込

Register

PHPカンファレンスとは

About

PHPは25年前の1994年 Rasmus Lerdorf によって原型が生まれ、1996年にPHP/FIとして公開されました。PHPは順調にバージョンアップを続け、ユーザ数も増えました。そして20世紀最後の年である2000年に日本のユーザ会によってPHPカンファレンスが初めて行われました。今回は20回目の節目となるカンファレンスです。小展示ホールのみで始まったPHPカンファレンスも言語の利用が増えるとともに徐々に参加人数が増え、1500人を超えるPHPerが全国から集う大規模カンファレンスとなりました。
Challenge、Growthと続いてきたテーマも今年は "beyond .*" と決めました。PHPカンファレンス2019がPHPerの皆様にとってチャレンジ、成長、そしてその先へと向かう原動力となることを、そしてこれから先の10年、20年、25年と、Webの発展とともにPHPの発展と日本PHPユーザ会としてPHPerが切磋琢磨しながらより良い未来をPHPとともに作り上げることを願っています。

板谷 郷司
PHP Conference Japan 2019 - 委員長

image

概要

Details
開催日時
2019年12月01日(日) 10:00 〜 18:00
(懇親会 18:00 〜 20:00)
会場
東京都大田区南蒲田1丁目20-20
大田区産業プラザ PiO
参加料金
無料(懇親会 有料)
主催
日本PHPユーザ会

ゲスト セッション

Guest Session
廣川 類

PHPの今とこれから2019

最近のPHP関連の話題として、2019年末にリリース予定のPHP 7.4の新機能を中心に、PHP 8.0で計画される新機能についても紹介します。

廣川 類

日本PHPユーザー会

徳丸 浩

オニギリペイのセキュリティ事故に学ぶ安全なサービスの構築法

安全なインターネットサービスを提供するにあたっては、ソフトウェアバグとしての脆弱性対策だけではなく、ビジネスモデル・サービス仕様・アーキテクチャ設計・ソフトウェア設計・実装・サーバーなどの多方面からセキュリティ検証が重要となります。本セッションでは、架空のQRコード決済サービス「オニギリペイ」のセキュリティ事故を題材として、サービスの企画・要件定義・設計・実装の各フェーズに起因する問題とその対策を具体的に紹介します。

徳丸 浩

EGセキュアソリューションズ株式会社

スポンサー セッション

Sponsor Session

タイムテーブル

Timetable

タイムテーブルはこちら

会場

Access

大田区産業プラザ PiO

東京都大田区南蒲田1丁目20-20

スタッフ

Staff

ハッシュタグ : #phpcon